死刑判決の一覧

死刑判決・死刑囚の一覧(裁判)です。戦後の日本。最新まで。判決確定年月、被告の名前、死刑執行状況、事件名、解説など

2020年代

2020年

判決確定月 被告の名前など 内容
9月 土屋和也
(つちや・かずや)
=拘置中

【事件当時の年齢】26歳
【職業】無職
【主な罪名】強盗殺人
【犠牲者数(死者数)】2人
【犯行の時期】2014年11月、12月
前橋強殺事件(群馬県)。 前橋市の住宅で2014年に高齢者2人が殺害され、1人が重傷を負った。

地裁判決によると、土屋和也被告(当時26歳)は2014年11~12月、前橋市日吉町の小島由枝さん(93)、前橋市三俣町の川浦種吉さん(81)の2人をそれぞれの自宅で殺害。川浦さんの妻も包丁で刺して重傷を負わせ、現金や食料品を奪った。

当時の報道(産経新聞)によると、消費者金融に百数十万円の借金を抱え身勝手な動機から凶行に及んだ。だが「カネと食料品が目的」といいながら、無抵抗な高齢者に出くわすと、逃げることも刃物で脅そうともせず即座に襲った。しかも犠牲者の身体には執拗(しつよう)な刺し傷が残されていた。
3月 植松聖
(うえまつ・さとし)
=拘置中

【事件当時の年齢】26歳
【職業】元施設職員
【主な罪名】殺人
【犠牲者数(死者数)】19人
【犯行の時期】2016年7月
相模原障害者施設殺傷事件(神奈川県)。

神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で、入所者を殺害した。 横浜地裁の裁判員裁判で死刑判決を言い渡され、自ら控訴を取り下げたことで死刑が確定した。 2016年7月26日未明、やまゆり園に侵入し、刃物で入所者19人を殺害。入所者24人に重軽傷を負わせた。さらに、職員5人を拘束するなどし、うち2人にけがを負わせた。

19人という犠牲者数は刃物による殺人では戦後最悪。「意思疎通のとれない重度障害者は人間ではない」と、無抵抗の入所者を次々と襲撃した。

青沼潔裁判長は、被告には完全な責任能力があったと認定し、「強烈な殺意に貫かれた犯行で悪質性は甚だしい。死刑をもって臨むほかない」と述べた。

公判では事実関係に争いはなく、大麻を乱用していた事件当時の被告に、善悪を判断して行動を制御する責任能力があったかどうかが唯一の争点。弁護側は大麻による精神障害の影響で心神喪失だったとして無罪を求めていた。

青沼裁判長は判決理由で、「重度障害者を殺す」との動機について、断じて是認できる内容ではないとした。施設で勤務した実体験から生じた発想で、その形成過程に病的な飛躍はないと指摘。職員が少ない夜間を狙い、障害の程度の重い入所者を選別しながら襲った点や、直後に警察署に出頭した点も、事前の計画の通りだったと認定した。そのうえで、被告の行動には計画性、一貫性、合理性が認められ、違法性の認識もあったとし、責任能力は完全にあったと結論づけた。

植松被告は判決後、横浜拘置支所で接見取材に応じ、「控訴はしない。弁護人がしたとしても取り下げる」と話した。

2010年代

2019年

判決確定年月 被告の名前 死刑執行状況、事件名、解説など
2019年
7月
堀慶末
(ほり・よしとも)
拘置中。裁判員裁判。碧南市パチンコ店長夫婦殺害事件
2019年
7月
保見光成
(ほみ・こうせい)
拘置中。裁判員裁判。山口連続殺人放火事件
2019年
5月
山田浩二
(やまだ・こうじ)
拘置中。裁判員裁判。寝屋川市中1男女殺害事件
2019年
2月
西口宗宏
(にしぐち・むねひろ)
拘置中。裁判員裁判。堺市連続強盗殺人事件。

2018年

2018年
12月
渡辺剛
(わたなべ・つよし)
拘置中。裁判員裁判。資産家夫婦強殺事件
2018年
9月
林振華
(りん・しんか)
拘置中。裁判員裁判。愛知県蟹江町母子3人殺傷事件

2017年

2017年
12月
鈴木勝明
(すずき・かつあき)
拘置中。裁判員裁判。大阪府和泉市元社長夫婦殺害事件
2017年
7月
上田美由紀
(うえだ・みゆき)
拘置中。裁判員裁判。鳥取連続不審死事件
2017年
4月
木嶋佳苗
(きじま・かなえ)
拘置中。裁判員裁判。首都圏連続不審死事件

2016年

2016年
7月
筒井郷太
(つつい・ごうた)
拘置中。裁判員裁判。長崎ストーカー殺人事件
2016年
6月
千葉祐太郎 拘置中。裁判員裁判。石巻3人殺傷事件
2016年
6月
浅山克己
(あさやま・かつみ)
拘置中。裁判員裁判。東京連続放火殺人事件
2016年
4月
伊藤和史
(いとう・かずし)
拘置中。裁判員裁判。長野一家3人強殺事件
2016年
3月
高橋明彦
(たかはし・あきひこ)
拘置中。裁判員裁判。会津美里夫婦強殺事件
2016年
2月
高見素直
(たかみ・すなお)
拘置中。裁判員裁判。大阪此花区パチンコ店放火殺人事件

2015年

2015年
12月
新井竜太
(あらい・りゅうた)
拘置中。裁判員裁判。埼玉深谷男女2人殺害事件
2015年
5月
藤城康孝
(ふじしろ・やすたか)
拘置中。加古川7人殺害事件
2015年
2月
加藤智大
(かとう・ともひろ)
拘置中。秋葉原無差別殺傷事件

2014年

2014年
12月
桑田一也
(くわた・かずや)
拘置中。裁判員裁判。静岡2女性殺害事件
2014年
10月
奥本章寛
(おくもと・あきひろ)
拘置中。裁判員裁判。宮崎家族3人殺害事件
2014年
9月
松原智浩
(まつばら・ともひろ)
拘置中。裁判員裁判。長野一家3人強殺事件
2014年
6月
小泉毅
(こいずみ・たけし)
拘置中。元厚生次官宅連続襲撃事件
2014年
3月
矢野治
(やの・おさむ)
2020年1月26日自殺。裁判員裁判。前橋スナック乱射事件
2014年
3月
小川和弘
(おがわ・かずひろ)
拘置中。大阪個室ビデオ店放火事件

2013年

2013年
12月
沖倉和雄
(おきくら・かずお)
2014年1月26日病死。あきる野市資産家姉弟強盗殺人事件
2013年
11月
高柳和也
(たかやなぎ・かずや)
拘置中。姫路2女性バラバラ殺人事件
2013年
6月
山田健一郎
(やまだ・けんいちろう)
拘置中。前橋スナック乱射事件
2013年
3月
住田紘一
(すみだ・こういち)
2017年7月13日執行。裁判員裁判。岡山元同僚女性バラバラ殺人事件
2013年
2月
伊藤玲雄
(いとう・れお)
拘置中。架空請求詐欺グループ仲間割れ事件
2013年
1月
渡辺純一
(わたなべ・じゅんいち)
拘置中。架空請求詐欺グループ仲間割れ事件
2013年
1月
清水大志
(しみず・たいし)
拘置中。架空請求詐欺グループ仲間割れ事件

2012年

2012年
12月
野崎浩
(のざき・ひろし)
拘置中。フィリピン女性2人殺人事件
2012年
11月
阿佐吉広
(あさ・よしひろ)
2002年2月11日病死。都留市従業員連続殺人事件
2012年
10月
髙見澤勤
(たかみざわ・つとむ)
2014年8月29日執行。暴力団組長による3人射殺事件
2012年
10月
謝依俤
(シェ・イーディ)
拘置中。品川製麺所夫婦強殺事件
2012年
9月
田尻賢一
(たじり・けんいち)
2016年11月11日執行。裁判員裁判。宇土院長夫人強盗殺人事件
2012年
7月
加賀山領治
(かがやま・りょうじ)
2013年12月12日執行。中国人留学生強殺事件(DDハウス事件)
2012年
7月
川﨑政則
(かわさき・まさのり)
2014年6月26日執行。香川・坂出3人殺害事件
2012年
3月
岩森稔
(いわもり・みのる)
拘置中。本庄夫婦強盗殺人事件
2012年
2月
福田孝行
(ふくだ・たかゆき)
拘置中。光市母子殺害事件
2012年
1月
若林一行
(わかばやし・かずゆき)
2015年12月18日執行。岩手母子殺害事件

2011年

2011年
12月
濱崎勝次
(はまさき・かつじ)
2013年4月26日執行。市原市ファミレス内組員2人射殺事件
2011年
12月
松永太
(まつなが・ふとし)
拘置中。北九州監禁殺人事件
2011年
12月
兼岩幸男
(かねいわ・ゆきお)
拘置中。交際2女性バラバラ殺人事件
2011年
11月
守田克実
(もりた・かつみ)
拘置中。マブチ事件
2011年
11月
遠藤誠一
(えんどう・せいいち)
2018年7月6日執行。オウム真理教事件
2011年
11月
中川智正
(なかがわ・ともまさ)
2018年7月6日執行。オウム真理教事件
2011年
10月
魏巍
(ウェイ・ウェイ)
2019年12月26日執行。福岡一家4人殺害事件
2011年
10月
北村孝
(きたむら・たかし)
拘置中。大牟田市4人連続殺害事件
2011年
10月
北村実雄
(きたむら・じつお)
拘置中。大牟田市4人連続殺害事件
2011年
10月
井上孝紘
(いのうえ・たかひろ)
拘置中。大牟田市4人連続殺害事件
2011年
10月
北村真美
(きたむら・まみ)
拘置中。大牟田市4人連続殺害事件
2011年
7月
津田寿美年
(つだ・すみとし)
2015年12月18日執行。川崎アパート3人殺害事件
2011年
6月
池田容之
(いけだ・ひろゆき)
拘置中。横浜沖バラバラ強殺事件
2011年
6月
大山清隆
(おおやま・きよたか)
拘置中。広島連続保険金殺人事件
2011年
4月
渕上幸春
(ふちがみ・ゆきはる)
拘置中。宮崎の口封じ連続殺人事件
2011年
4月
大倉修
(おおくら・おさむ)
拘置中。同僚・妻連続殺人事件
2011年
3月
小林竜司
(こばやし・りゅうじ)
拘置中。東大阪大生リンチ殺人事件
2011年
3月
片岡清
(たかおか・きよし)
2016年2月14日病死。広島・岡山独居老人強盗殺人事件


関連ニュース

最高裁で再逆転無罪~裁判員の結論支持

覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)罪などに問われ、一審の裁判員裁判で全面無罪となった後に二審で逆転有罪とされ、二審の在り方が争点になった元会社役員、安西喜久夫被告(61)の上告審判決が2012年2月13日、最高裁第1小法廷で言い渡された。金築誠志裁判長は、事実誤認を理由に一審判決を見直す際は、論理的な整合性や一般常識に当たる「論理則、経験則」に照らし、不合理な点があることを具体的に示さなければならないとの初判断を示し、二審判決を破棄、無罪とした。再逆転での無罪が確定する。

裁判官5人の全員一致による結論。裁判員裁判で審理された事件の無罪が最高裁で確定するのは初めて。裁判員裁判かどうかを問わず、事実誤認をめぐる一審と二審との関係を初めて明確に位置付けた。

被告は2009年11月に成田空港で覚せい剤約1キロ入りの缶をバッグ内に隠し持ったとして起訴された。一審は「薬物を認識していたとはいえない」と認定したが、二審は事実誤認を指摘。懲役10年、罰金600万円とした。裁判員裁判で一審全面無罪、二審逆転有罪の全国初の事例だった。



裁判員制度と警察

裁判員制度では、弁護人と検察官が、それぞれ4人まで裁判員から外すこと(忌避)ができ、忌避理由は明かされない。それだけに「“公平な裁判”を建前に、警察や死刑制度に関する個人の思想信条が問いただされ、スクリーニング(選別)に使われる」との声もある。

裁判員制度の特徴の一つに、裁判員の選ばれ方がある。国会議員や法曹関係者、警察官、自衛隊員、事件関係者などは除外される。病気やけがを抱えた人、70歳以上の高齢者なども辞退できるという。

裁判長の面接

裁判員の候補者は、裁判長の面接を受けるそうです。放火や殺人など「死刑の適用が問題となる事件」では、裁判長が「今回の事件で有罪とされた場合、法律で定まっている刑を前提に量刑を判断できるか」と質問。「はい」と答えない場合は「証拠でどのような事実が明らかになったとしても、絶対に死刑を選択しないと決めているか」と問われる可能性がある、といいます。